認知療法 の記事一覧 
 スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓クリックで救われる鬱病もある。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) /
 先のことを考えちゃ  -  2007.04.24.Tue / 23:45 
不安だ。働きながらうつ病であることを続けていけるかどうかが不安だ。というか、もうかなり限界。休職したい。何が一番つらいか、食欲がなくなること、性欲がなくなることじゃない。記憶がなくなることだ。学習能力がなくなり、うつ病回復へもうまくいかない、仕事でも小学生でもしないようなミスをしてしまう。あぁ、不安だ。



[認知の歪み]
先読みの誤り、一般化のしすぎ、感情的決め付け


[合理的な考え]
休職してしまうっていう選択肢もある。不安だけにかられる必要はない。記憶力がなくなっているのはうつ病の症状だ。うつ症状が改善すれば記憶力が戻ってくるに違いない。今は記憶力を取り戻すこと、うつ病を治すために認知の歪みを直すことが重要であり、それ以外は考える必要はない。
スポンサーサイト


↓クリックで救われる鬱病もある。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
 自動思考の分類分け  -  2007.04.11.Wed / 13:46 
認知療法を進めるにあたって、自分の自動的にわいてくる思考がどう歪んでいるかの定義をする必要があるらしい。「いやな気分よ、さようなら」によると、その自動思考が10つに分類されるらしい。分類することで、どう歪んでいるかというのを修正しやすくするものです。

以下がその10項目。


1. 全か無か思考(all-or-nothing thinking)
ほとんどの問題は, 白か黒かのどちらかに決めることはできず、事実はそれらの中間にあるものですが、物事を見るときに、「白か黒か」という両極端の見方をしてしまうことを「全か無か思考」といいます。

2.一般化のしすぎ(overgeneralization)
1つの良くない出来事があると,「いつも決まってこうだ」、「うまくいったためしがない」などと考えること。

3. 心のフィルター(mental filter)
1つの良くないことにこだわってくよくよ考え、他のことはすべて無視してしまうこと。ちょうど1滴のインクがコップ全体の水を黒くしてしまうように。「心のサングラス」ともいう。

4.マイナス化思考(disqualifying the positive)
単によいことを無視するだけでなく、なんでもないことやよい出来事を悪い出来事にすり替えてしまうこと。

5. 結論の飛躍(jumping to conclusion)
根拠もないのに悲観的な結論を出してしまう

 5-a. 心の読みすぎ(mind reading)
 ある人が自分に悪く反応したと早合点してしまうこと

 5-b. 先読みの誤り(the fortune teller error)
 事態は確実に悪くなると決めつけること

6. 誇大視と過小評価(magnification and minimization)
自分の短所や失敗を過大に考え,逆に長所や成功したことを過小評価する。「双眼鏡のトリック」とも言う。

7. 感情的決めつけ(emotional reasoning)
自分の感情が現実をリアルに反映して、事実を証明する証拠であるかのように考えてしまうこと。

8. すべき思考(should thinking)
何かやろうとする時に「~すべき]「~すべきでない」と考える。

9. レッテル貼り(labeling and mislabeling)
ミスを犯した時に,「自分は敗北者だ」、「とんまもの!」などと自分にネガティブなレッテルを貼ってしまうこと。

10. 自己関連づけ(personalization)
何か良くないことが起こった時、自分に責任がないような場合でも自分のせいにしてしまうこと。


↓クリックで救われる鬱病もある。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体
 認知療法とは?  -  2007.04.07.Sat / 22:07 
認知療法とは、「自分は誰からも必要がられてない」など物事のとらえかたの歪みを直そう、という治療法。

カウンセラーに相談しても良いのだが、webで調べた結果(まぁ、主に2chのメンタルヘルス板なわけだが)下の本がベストな模様。

〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法
デビッド・D.バーンズ 山岡 功一 夏苅 郁子

星和書店 2004-04-27
売り上げランキング : 1849
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本に私のこれからの人格形成を任してみようと決意。

が、この本分厚い!文字を見るのさえしんどいうつ病患者にとっちゃ本を手にしただけでげんなり。824ページって。。。
健常者にとってのこち亀全巻くらいのボリューム!

3章、4章読むだけでも随分違うとあるのでがんばってみようかと。

↓クリックで救われる鬱病もある。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体
| BLOG TOP |
 カウンター 
 カテゴリー 
 最近の記事+コメント 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 ブロとも申請フォーム 

CopyRight 2006 うつ病との闘いクロニクル All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。