スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓クリックで救われる鬱病もある。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) /
 うつ病で何がつらいか  -  2007.04.11.Wed / 15:17 
自分の「これは鬱だなー」と感じる症状を挙げて解決への糸口を探ろうと。

(a)動悸
(b)やる気でないこと
(c)何も楽しいと感じないこと
(d)明るい性格じゃなくなったこと
(e)記憶力が落ちていること(っていうか記憶力がない)
(f)テンションが低いので周りまで暗くしていると感じること
(g)言葉が出ないこと
(h)人に会うのがつらい(言葉がでてこないから会話ができない)
(i)薬の副作用で異常に眠い
(j)喉が渇く
(k)生唾を飲む

うげー。いやな作業だ。
うつ病が治ることへの道順を考えてみる。
まず、体に出る症状である(a)(j)(k)はどうしようもない。放置。
薬の副作用もしょうがない。薬やめらんない。

残った項目で考えていたらピン!と糸が繋がったような感覚が。

(b)ふりしぼってやる気をだしーの

(e)記憶力のアップのトレーニングを習慣づけーの

(g)ボキャブラリーが豊富になり言葉が出てきーの

(h)言葉が出て人と会うのがつらくなくなりーの

(f)言葉が出れば自然とテンションあがりーの

(d)テンション上ればハイになって明るい性格とされーの

(c)人と会うのが楽しくなりコミュニケーションのストレスが減りーの

鬱がよくなりーの

トツギー(略)

やる気を出せば全て解決!?

っていうか、やる気が出ない病気だし。矛盾。

まーでも、記憶力のトレーニングは必要ということがわかった。
習慣化すれば、改善への効果がありそうだ。

ちなみになんの略かは、バカリズムの動画をどうぞ。
スポンサーサイト


↓クリックで救われる鬱病もある。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 カウンター 
 カテゴリー 
 最近の記事+コメント 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 ブロとも申請フォーム 

CopyRight 2006 うつ病との闘いクロニクル All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。